ひところは墓地というものは明るくない概念がしていましたが、近頃は公園墓石などといった快活なお墓が本流です。
葬儀社というのは葬儀に絶対なくてはならない支度をゲットし葬儀を行う役目を、背負う仕事を行う会社で、葬式を行う商売や、それに就業する人の事を意味します。
世間的に我々は『法事』と呼ぶそうですが、シビアに言うと、坊主にお経を読んで頂くところを「法要」と呼び、法要と偲ぶ会も合わせた祭事を『法事』と呼んでいます。
喪家と言う意味はご不幸のあった家族を指す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使用することも多く喪家は関西各所を中心に、採用される、ことが多いようです。
『終活』は字のイメージ通り老後の終わり方の活動であり、一生涯のラストをもっと得するすべくその前に段取りしておかないとというような活動を言います。

家族・親族と厳選された人々のみを読んで、お別れを行う、セレモニーを、「家族葬」というようになり、近頃、身近になって、きたようです。
死人を想い葬り去る場所が故人を傍に財産を奪い合う醜い家族の戦いの場に変わり誰がいったい弔っているのだろうか、という疑問を思った事を記憶している。
融通念仏宗のお寺などにお勤めしたことのある人だったら承知だと思いますが、お寺に入堂すると、奥の菩薩を安置されている引座や寺僧が拝顔するための壇が造られています。
葬儀・仏事・祭事などで奉納を包みますが布施の包み方や表記の書く手順など規律はあると思いますか?
先だっては通夜・告別式をかからない直々に火葬場でお骨を納骨を取り仕切る『直葬』を仕切るご家族が増加しています。

重要な祭壇無数の僧侶多数の会葬者を集めた葬式だったとしても、シーンとした空気しか感じられない葬儀があるし、由緒ある寺院に大きな墓石を建立しようが、お参り供養をする人がいないお墓もある。
だいたい病院で亡くなった場合2~3時間で葬儀社を探しそれからその日のうちに数か月分の収入額と同じ、購入をしなければなりません。
ふたおやに至宝があり得ないから資産分割は関係ない、私は何も引き継ぐ所存はあり得ないので資産分割は関係ない、と考え違いをされる輩が多数いると言われています。
臨済宗ではどちらの仏を本尊と理解してもどれもこれも仏に関係すると考えた経典だと言っていますが、往生人宅でお葬式をするときは、本尊様としてお軸が用いられたりします。
大多数の遺族は葬儀を行った事例がないのでどれくらいの費用がかかる?葬儀社と話をする前に予算を聞いておきたい、と心配される方がほとんどだそうです。

 

鶴見斎場TOPはこちらから

家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪 鶴見区にある鶴見斎場で葬儀をしたい方や遺体搬送をご希望の方は鶴見斎場をご覧下さい。