永代供養とは

大阪市立鶴見斎場 永代供養

鶴見斎場で葬儀を終えた後、火葬を行い収骨をします。

ご遺骨を寺院が永代にわたってご供養と管理をして貰える形態の事を指します。

現代事情で、『お墓を継ぐ人がいない』『自分のお墓の事で家族に負担をかけたくない』など。

費用面や交通アクセスの面で永代供養を考える人が増えています。

永代と書いていても実際には10回忌や30回忌までという規定があったりします。

他人のお骨と一緒に供養する形態もあります。

一旦、納骨してしまうと取り出せない場合もありますのできちんと確認が必要です。

ご自身が生前予約をしているのに、エンディングノートや遺書などで家族に知らせていないために気付かれないケースもあるようです。

生前予約・申し込みを行った場合は、証明書を発行して貰い家族に分かる様にしておきましょう。

お参りの時間も制限がある場合もあります。

永代供養をお考えの方は、詳細を確認する必要があります。

大阪 永代供養

大阪では一心寺や四天王寺などの有名な寺院が永代供養を行っています。

一心寺 永代供養

大阪市立鶴見斎場 永代供養 一心寺

 

 

四天王寺 永代供養

大阪市立鶴見斎場 永代供養 一心寺

 

上記以外にも、様々な寺院や霊園で永代供養は行えます。

 

永代供養 大阪 Google検索

永代供養 大阪 ヤフー検索