精進落としとは??

大阪市立鶴見斎場 精進落とし

亡くなった方の喪に服し、初七日の間は精進料理を食べた習わしからきています。

忌明けの食事として、初七日法要の後に料理をいただく事を精進落としと言います。

現代では、遠方から親族が何度も来ることがないように、葬儀の日に初七日法要を合わせて行う事が多くなりました。

『繰上初七日』とも言います。

その後、お世話になった僧侶やお手伝いしていただいた人への感謝の気持ちの表れとして遺族が接待します。

葬儀後に、精進落としの会場などのご相談も受け付けています。

合わせてご相談下さい。

大阪市葬儀場・鶴見斎場の総合窓口0120-66-5942。

鶴見斎場式場利用・葬儀(葬式)費用相談・火葬料金・交通アクセス・ご利用相談窓口、24時間相談応対中。

鶴見斎場 葬儀(葬式)受付窓口

24時間相談窓口

大阪市立鶴見斎場 葬儀

葬儀後のサポート体制も万全。納骨・相続・遺品整理などの無料相談も。